セクハラ相談室へようこそ TOP >> セクハラ対策 >> 毅然とした態度

毅然とした態度

セクハラの対策として一番不可欠なものは、『毅然とした態度』です。故意にセクハラをしてくる相手こそ、『自分がやっていることは悪いことなんだ』という意識を持っています。そして、それを突き崩すのは『毅然とした態度』なのです。

相手は確実に悪いことをしています。セクハラを受けた時は、『セクハラです』と伝えなければ、相手のセクハラはますますエスカレートしてしまいます。どんな理由があったとしても、仮に故意ではなかったとしても、気分を侵害された時点でそれは立派な嫌がらせであり、『嫌だ』と主張しても良いことなのです。

『セクハラを指摘して、自意識過剰だと思われたらどうしよう』と思う人も居るかもしれませんが、その心に付け込むようにしてセクハラ上司はセクハラ行為に及んできます。セクハラだと思われることは、胸を張って『セクハラです』と主張しても良いのです。

もしもストレートに言うことに抵抗があれば、『このようなスキンシップはちょっと慣れていないのでやめて下さい』『そのような発言はあまり好きではないので、受け答え出来ません』と冷静な対応をしましょう。それでもまだやめないようであれば、『セクハラなので止めて下さい』と伝えることが肝心です。

毅然とした態度は、最終的に自分と相手両方の身を守ります。そのような態度を貫いても尚セクハラ行為が止まらない場合は、告訴することも手段の一つです。大げさなことにはしたくないと思うかもしれませんが、それを受容することによって、他の人にも被害が及ぶ可能性が出てきます。甘やかさずに、徹底的に指摘していきましょう。


BACKLASH 通販
ISAMU KATAYAMA BACKLASH

ペットホテル 東京
http://www.pethoteltokyo.com/

札幌でピアノ調律、中古ピアノ買取販売なら札幌市の井上ピアノ
http://www.piano-inoue.com/

犬のしつけ教室
http://www.pethoteltokyo.com/