セクハラ相談室へようこそ TOP >> セクハラ対策 >> 風紀の徹底

風紀の徹底

会社の風紀の徹底。これは、セクハラ防止にあたって必要なことです。むしろ、セクハラの一切無い会社を目指すのであれば、『性的な表現が含まれると思われる発言は一切禁止』『女性社員に触れる行為は一切禁止』など、少しオーバーでも徹底した規則を作る必要があるかもしれません。

本来、このような規則を作るというのは悲しいことです。何につけても言えることですが、決まりを作るということは、すなわち『決まりが無ければ自制出来ない人が多い』ということです。決まりが無ければ自制出来ないのは、赤ん坊以下だということを念頭に置いておいて下さい。

このように述べたとしても、徹底した決まりを作らなければ『そんな決まりはない』『自意識過剰だ』と言って、セクハラしている自分を正当化しようとする上司も増えつつあります。このような上司が増えることによって、作らなくても良い決まりを作る必要性が出てきてしまうのです。

本来、上司になるべきは『仕事がよく出来る』『指示が出来る』という面だけでなく、『いかに自己抑制出来るか』を重視するべきなのではないでしょうか。会社は社員選び(面接)の段階から厳選し、社内の風紀を徹底することで、セクハラの危険性の低い安心して過ごせる環境を作ることが大切だと言えるでしょう。

そして、社員達は一致団結して社内の風紀をより良くしていこうと協力する必要が有ります。誰か一人でも『それくらい良いんじゃないですか』と受容してしまうことで、社内の秩序は乱れ、セクハラを受けて泣き寝入りする部下も出てきてしまうのです。


水素水生成器
こちら