セクハラ相談室へようこそ TOP >> セクハラ対策 >> セクハラへの態度

セクハラへの態度

セクハラについて、男女問わず意識しなければいけない問題はわかったのではないかと思います。どのような犯罪やトラブルにおいても言えることではありますが、これらのトラブルを未然に防ぐ為には、一人一人が自己を抑制し、悪いことに対しては『絶対にしてはいけないことだ』と毅然とした態度で臨むことが必要不可欠です。

誰か一人が秩序を乱してしまうと、それは容認されてしまいます。それは、人の心がそれほど強くはないからです。男性にしても女性にしても、セクハラをする側は『ちょっとくらい大丈夫だろう』と自分を甘やかして行為に及び、セクハラされる側も『こんなことで訴えたら自意識過剰だと思われてしまう』と保身に走ってしまう為、最終的にセクハラ被害がずるずると続いてしまうのです。

しかし、セクハラはセクハラです。『ちょっと位大丈夫』なことなど有りませんし、『こんなこと』で済まされることではありません。相互としてはそれで済むかもしれませんが、そのように自分を甘やかす上司が野放しになることで、他にもセクハラ被害が広がってしまう可能性もあるのです。

罪を見て見ぬふりするということは、もはや当人同士の問題ではなく、後に周りへの迷惑にもなりかねないということです。もちろん、周りの人が見て見ぬふりをしても同じことが言えます。罪を野放しにするということは、全ての秩序を乱し、それらの惰性は周りに感染します。自制する力を身につけ、悪いことは悪いと言える毅然とした態度を身につけましょう。


OPP袋・CPP袋・製造販売 どんなサイズも作ります!揃います!有限会社早川製袋http://www.sideseal.jp/


アトルバスタチン
アトルバスタチンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

http://www.rearlive.co.jp/trunkroom/