セクハラ相談室へようこそ TOP >> セクハラの心理 >> セクハラする側の心理とは?

セクハラする側の心理とは?

それでは、『セクハラする側の心理』とは一体どういうものなのでしょう。セクハラと一口に言っても、それに至るまでの心理状況はとても複雑なものです。女性に対してあからさまに『嫌がらせをしよう』としてセクハラに至る人も居れば、そんなつもりではないのに気付けばセクハラに……という人も居ます。

理由は様々考えられます。男性による女性蔑視で有ったり、デリカシーの無さが祟って……ということも有ったり、もしくは『親しみを込めたスキンシップと思ってやっていたことが』ということも有ったり。セクハラの種類もまた細分化され、被害届を出すほどではないにしても、どうにかならないものかと頭を悩ませる人々も居ます。

そもそも、相手に対する思いやりと気配りさえ出来ていれば、セクハラに至るようなことは起こらないのです。セクハラは『ハラスメント』と名のつく通り、故意でもそうでなくても嫌がらせなので、相手の心を侵害する行為の一つなのです。『私はそんなつもりでやっていない』といくら叫んでも、嫌がらせをしてしまう事実に変わりはありません。

それを無意識でもやってしまうということは、相手への思いやりの無さが一番に挙げられるのではないでしょうか。もっと掘り下げていくと、セクハラに至るまでの心理状況も様々挙げることが出来ます。次のページからは、セクハラに至ってしまう人々の心理状況を詳しくお話していきたいと思います。


http://www.parallelhouse.co.jp
リサイクルショップ

シェードカーテン
モンルーベジャパン

特許の翻訳について
http://transprime.co.jp/